故高橋進.故高橋勇.高橋章.高橋亘のプロフィールや演能予定などを紹介します。
能楽シテ方寶生流・高橋家
 

プロフィール
写真館
演能予定
ホーム
 
高橋進
高橋進
シテ方宝生流の昭和の名人として名を馳せる
昭和四十五年芸術祭優秀賞、同五十二年芸術選奨文部大臣賞受賞等、同五十三年重要無形文化財個人指定(人間国宝)を受ける
同五十九年十月十九日逝去、
勲四等旭日小綬章が追贈された。
 

 
高橋勇
昭和10年高橋進の次男として生まれる。
昭和16年兄章と共に初舞台。
シテ方宝生流の一人として舞台活動中、平成十五年十二月の月並能にて『六浦』を勤めた一月後に脳出血を発症。
一年十ヶ月の間療養するも肺炎を併発。
平成十七年十一月八日逝去
高橋勇
 

 
高橋章
高橋章
昭和9年 高橋進の長男として生まれる
昭和16年 初舞台『鞍馬天狗』稚児。
父及び十七世宗家故宝生九郎重英、十八世宗家故宝生英雄に師事
平成8年 観世寿夫記念法政大学能楽賞受賞
平成19年4月 春の叙勲において文化財保護功労者として旭日双光章を受ける
平成28年3月、日本芸術院賞受賞
社団法人日本能楽会並びに能楽協会会員
重要無形文化財総合指定認定者
 

 
高橋亘
昭和39年シテ方宝生流能楽師 故高橋勇の長男として東京に生まれる
昭和44年『花筐』子方にて初舞台
十八世宗家 故宝生英雄、十九世宗家 宝生英照、祖父の故高橋
進、故金井章、伯父の高橋章に師事
社団法人 日本能楽会並びに能楽協会会員
重要無形文化財総合指定認定者
高橋亘
 

 
高橋希-のぞみ-
高橋希-のぞみ-
平成13年12月25日シテ方宝生流能楽師高橋亘の長男として
東京に生まれる。
平成19年シテ方宝生流に入門。父及び宝生和英に師事。
平成20年1月『国栖』にて初舞台。

 
写真・亀田邦平(宝生写真部)

 
ページトップへ
 
 
Copyright nohgaku shite hoshoryu takahashike All right reserved.
当サイトに掲載の記事・写真・動画などの無断転載を禁止します。